Yahoo!プロモーション広告


スポンサードサーチについて知っておこう

ヤフーではYahoo!プロモーション広告というものを用意しています。ヤフーに広告を投稿するときに使うものでネットマーケティングをしたいときに活用できます。Yahoo!プロモーション広告はスポンサードサーチとディスプレイアドネットワークというものが用意されています。スポンサードサーチというのはヤフーで検索されたキーワードと関係のある広告を表示するものです。例えばチョコレートと入力して検索をすると、チョコレートを扱っているお店の広告が検索ページに表示されます。スポンサードサーチを駆使すればユーザーが求めている情報に対して自社の商品をアプローチできるので売上を伸ばしたいときに使えます。キーワードと関係する広告を出せばリスティング広告のクリック率も上昇するでしょう。

ちなみにスポンサードサーチには3つのオプションが用意されています。テキスト補足は広告タイトルに補足文章を付け加えることができます。より広告の内容をユーザーに詳しく説明できるのがメリットです。クイックリンクは関連ワードに関係するリンクを広告タイトルに設置します。電話番号オプションはタップすれば店舗に直接電話をかけることができるものです。

ディスプレイアドネットワークで特定ユーザーのみにアプローチできる

Yahoo!プロモーション広告で行っているディスプレイアドネットネットワークは、ユーザ-が閲覧したウェブサイトに関連する広告を出す連動型の広告商品です。ユーザーが訪れたサイトを参考にして興味のありそうな広告を出すため、エンゲージ率を上げることができます。ディスプレイアドネットネットワークはサイトの設定だけでなく、ユーザーの性別や住居地などの属性も設定できるのがメリットです。ユーザーを絞ることによって広告効果のありそうな人だけにアプローチするので、広告のクリック率を上げることが可能です。

スマートフォンやパソコンなど、特定のガジェットを使っている人だけに広告を出すこともできるデバイスターゲティングもあります。デバイスターゲティングを利用すればスマホ修理店の広告を、スマートフォンを使っている人だけにアプローチできるといったマーケティングを行えます。

ツイッター広告も用意されています。

ツイッターを行っている業者はYahoo!プロモーション広告のツイッター広告を利用してみましょう。ツイッター広告はツイッターのタイムラインに表示できるものです。普通のツイートに紛れ込んで広告を出すので、多くのユーザーに見てもらえる可能性が高まります。またツイッター広告には3タイプが用意されていて、それぞれ課金システムに違いがあるので注意しておきましょう。