XMLサイトマップ


XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとはサイトのコンテンツ構成を検索エンジンに伝えるファイルです。検索エンジンはインターネット上を巡回してサイトを把握しています。

ただ、サイト内のコンテンツを全て把握するまでには時間がかかります。検索エンジンがサイト内のコンテンツを見つけやすいようにしていているのがXMLサイトマップなのです。

また、すでにインデックスされたサイトからリンクが貼られているなどのアドバンテージがないとサイトはなかなか把握してもらえません。時間をかけてトップページを把握してもらっても、下部のページまで認識してもらえるとは限らないのです。XMLサイトマップがあれば検索エンジンがコンテンツ構成を把握しやすくなるため、全てのページを網羅しやすくなります。

XMLサイトマップの利点

XMLサイトマップはサイトが短時間でインデックスされるというメリットがあります。サイトマップの有無で認識されるまでの時間に大きな差があります。また、サイトマップないといつまでも全てのページが認識されないということも起こりえます。検索エンジンはページを認識するときにサイトマップを参照していることが多く、サイトマップがなければ下部ページまで巡回しないことも多いです。他に利点してあるのが検索エンジンがサイトの新しいページも認識してくれる点です。

例えば、サイト内に新しいページを作成したとします。XMLサイトマップがないと新しいページは検索エンジンから見えません。新しく作られたということを理解するまでに時間がかかってしまうのです。しかし、XMLサイトマップがあれば更新をしたという情報を伝えることができますので、新しいページを検索エンジンが見つけてくれます。SEO対策として検索エンジンから認識されないというのは致命的な欠点になるでしょう。その点をカバーするのがXMLサイトマップの利点です。

XMLサイトマップの役割

サイトマップがあることでSEO効果だけではなく、閲覧者がサイト構成を把握するにも役立ちます。サイト全体を把握することで欲しい情報がどこにあるかを見つけやすくなるからです。トップページから直接移動できるページに知りたい情報があるとは限りません。コンテンツ情報を閲覧者に分かりやすく伝えるという意味でXMLサイトマップは役立ちます。

さらに、XMLサイトマップがあることで、サイトについて全く知らない人がどのようなサイトかを把握するのに役立ちます。サイト内容を見れば必要な情報の有無が分かるでしょう。全体的な内容を把握するためにはXMLサイトマップは役立つものです。