Webサーバー


Webサーバーとは

Webサーバーとはコンテンツを提供するサーバーのことです。そのコンテンツには、テキストファイルや画像などの「静的コンテンツ」とアプリケーションなどの「動的コンテンツがあります。その、Webサイトを一般利用者に公開するために、利用されるソフトウエアが「Webクライアント」です。

サイトを公開するためには、Webサーバーを利用する必要があり、サイトを閲覧するためには、Webクライアントというソフトウエアが必要です。Webクライアントは、一般のパソコン利用者でも頻繁に使っています。一例を挙げると「Safari」や「Firefox」、「Chrome」などのブラウザがあります。ホームページを閲覧するにあたって、Webサーバーとブラウザの間でデータのやり取りをします。

Webサーバーと似たようなサーバーとして、アプリケーションサーバーがあります。その違いは、Webサーバーの場合は、「ブラウザ」からのリクエストに対してブラウザにコンテンツを開始ます。一方、アプリケーションサーバーは、Webサーバーからのリクエストに対して、Webサーバーにアプリケーションの実行を返します。一般的に、HTMLなどのテキストや静止画像であれば、Webサーバーのみで閲覧可能です。しかし、動的コンテンツを公開したい場合は、アプリケーションサーバーと連携する必要があります。

Webサーバーの役割は?

Webサーバーの役割は、Webサイト閲覧者によるリクエストに反応させてWebサーバーに保管中のデータを表示することです。また、CMSの場合などはデータベースサーバーとの間を仲介しリクエストに応答します。なお、必要に応じて、Webサーバー内の保管しているデータにセキュリティー対策をしてアクセス制限を実施します。Webサイトにドメインでアクセス可能にするように、DNSサーバーとの連携を図ることもあります。もし、Webサイトの閲覧者が間違ったリクエストを送信した時には、それが間違っていることを閲覧者に伝えて、リクエストのやり直しを促す役割も持っています。

Webサーバーの種類は?

Webサーバーはいろいろな種類がありますが、代表的なものを紹介すると、「アパッチ」と「エンジンエックス」です。これらは、Webエンジニアをしている人であれば、必ず利用するサーバーと言っても過言ではありません。どちらを利用するかは、ホームページの種類などで異なりますが、仕組みについてはほぼ同等です。一般的には、PHPを利用している場合はアパッチが採用され、Rubyを使用している場合は、エンジンエックスが利用されることが多いです。これらのWebサーバーは無料で利用可能です。

現在、Webサーバー構築の際には、Linuxを利用するのが主流です。Windows環境の場合は、「VirtualBox」というツールを使うことでLinux環境を簡単に構築できます。