SNS (Social Networking Service)


SNS (Social Networking Service)とは

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、インターネットを利用して扱う事ができるwebサービスです。SNSの文字はソーシャル・ネットワーキング・サービスを省略した物であり、英語にしたSocial Networking Serviceの頭文字をとったものとなります。そのためSNSでは、社会的に様々な人と繋がる事ができるサービスを提供しています。代表的なものとしては、手軽に短文を投稿できるTwitterやスマホで無料のチャットができるLINE、写真投稿が多いInstagramなどがあります。このようなサービスをまとめて示す時に、SNSと呼びます。SNSは日常的に多くの人々に利用されているため、例に挙げた中から一度は聞いた事のあるものが存在しているのではないでしょうか。

SNSでできる事

SNSでできる事は主に三つあります。情報発信と情報入手、そしてSNSを使用している者同士の交流です。SNSは手軽に使える点と、シンプルな操作性となっている点が特徴的であるため、誰でも簡単に扱う事ができます。そのため、子供からお年寄りまでの幅広い年齢層の人から親しまれています。このように利用者が多い事から、SNSは様々な人に向けて迅速に情報を伝えたい場合に便利です。凝った事ができるわけではありませんが、SNSは時期をみて臨機応変に活動したい人にはメリットの大きいものとなります。また、様々な人と繋がりを構築する事ができるため、自分の投稿に対する相手の反応をすぐ確認できるという点も良いです。

しかし、メリットがあれば当然デメリットもでてきます。SNSを使い続けている人には心当たりがあるのではないでしょうか。SNSは、誰にでも気軽に閲覧できる場所で情報発信を行います。そのため、自分が意図していない形で情報が広まってしまったり、望んでいない相手に情報が渡ってしまう可能性があります。その場の軽い気持ちで投稿した内容が、大事になってしまったというケースも多いです。SNSは情報を扱うという面では非情に便利なものとなりますが、その分不要なトラブルに巻き込まれないようしっかりと投稿内容について考える必要のあるものです。

SNSを利用できる場面・利用している人たちとは

SNSは、遠くにいる第三者や知人・友人などと交流する際に便利なサービスですが、それ以外の面でも活躍しています。特に目立つのは、サービス提供者からお客さんへ向けた情報発信です。お店や会社を運営している人などは、新作のメニューや新しいサービスを宣伝する際に頭を悩ませる事が多いではないでしょうか。しかし、世の中には様々な宣伝方法が存在しているため、自分にあった効果的な方法を見つけられずに困ってしまう人が少なくありません。そんな場面で、扱いやすくて費用のかからないSNSでの宣伝方法が注目されます。

SNSは、費用をかけずに利用できるため経営の負担になる可能性が少ないですし、短時間で作業可能であるため仕事の合間に情報発信ができます。伝えたい情報をストレートに発信できるために、余計な労力がかからないのも大きな魅力です。最低限のネットの知識と、インターネットを利用する環境が整っていれば挑戦できるという点も良いのではないでしょうか。こういったメリットを考えるとSNSは、お店や会社を経営している人にとって利用しやすいwebサービスになります。