SEO(Search Engine Optimization)


SEO(Search Engine Optimization)とは

ネットショップの運営やWEBマーケティングで効果を上げようと考えている人にとって、SEO対策は大変重要になってきます。このSEOとは、Search Engine Optimizationの略語で、直訳すると検索エンジン最適化です。SEO対策といった場合には、日本で代表的な検索エンジンであるGoogleやYahooなどを利用した際に、自社サイトを検索結果の上位に表示させるための方法を意味します。ネットを使った集客を希望しているならば、SEO対策をしっかりと行って自社サイトにユーザーを呼び込むための工夫が必要です。

検索結果の上位に表示されるためのSEO対策とは?

検索エンジンを使って情報収集を行う際には、検索結果で上位に表示されたサイトから見ていくのが自然です。どのような情報を得たいのかにもよりますが、検索結果の1ページ目を上から見ていくと、知りたいことがだいだいわかってくるのではないでしょうか。そうなると、1ページ目の下部や2ページ目以降に表示されているサイトは見る人が少なくなることを意味します。検索結果の上位に表示されることが、自社サイトをより多くのユーザーに見てもらうための近道になるのです。

過去のSEO対策では、Googleの評価基準を探りながら、効果の高いと思われる方法を集中的に行うといったテクニックを駆使したものもありました。その結果、キーワードや文字数、被リンクを増やすなどの方法が用いられ、一定の効果があったようです。しかし、現在では過去のやり方をそのまま使おうとしても、期待した結果が得られることは少ないでしょう。なぜなら、Googleはユーザーが求める良質なコンテンツが検索上位に表示されるような方針に切り替えたからです。

SEO対策の王道は質の高いコンテンツ!

検索エンジンのユーザーが求めるのは、自分が知りたい情報が掲載してあるサイトです。キーワードと思われる言葉が不自然なほど多く使われていたり、文字数が多いために知りたい情報が探しにくかったりといったコンテンツではありません。Googleのサイト評価は、これからますます優れたものになっていくことが予想されます。そのため、SEO対策においても、ユーザーにとって役立つ情報が掲載されており、深く満足できるようなコンテンツを継続的に提供することが重要になってくるでしょう。SEO対策の王道が質の高いコンテンツの提供となることは、ユーザーにとって好ましい環境といえます。

これからのSEO対策としては、スマートフォンで見やすいサイト作りも重要です。現在ではPCから検索エンジンを使う人よりも、スマートフォンから検索する人のほうが多くなっています。そうなると、スマートフォンで閲覧しにくいサイトの評価が下がってしまう可能性があります。また、ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアが普及していることから、コンテンツの内容においても他者と共有したくなるようなものが好まれる傾向があるでしょう。このように、時代の変化や使用デバイスの切り替えなどに対応したSEO対策が求められることになります。