SEM(Search Engine Marketing)


SEM(Search Engine Marketing)とは

SEMとはSearch Engine Marketing(サーチ・エンジン・マーケティング)の略語です。ユーザーにGoogleやYahoo!などの検索エンジンから、自社や個人が作成したWEBサイト等を訪問してもらうための手法の総称を言います。例えば、インターネットユーザーは何か欲しいものや必要な情報を収集したいと思った時は、ほとんどの人が検察エンジンにキーワードを入れて検索します。そして、出てきたサイトを訪問し、欲しいものを買ったり必要な情報を収集したりするのです。製品やサービスを提供する企業側は検索エンジンから自社製品やサービスの情報を記載したサイトへ、より多くのユーザーに訪問してもらうための努力をしています。その手法を総称してSEMというのです。

SEMの種類

SEMには主に3つの種類があります。1つ目はリスティング広告です。リスティング広告とは検索連動型広告やPay Per Click(PPC)広告などと呼ばれGoogleやYahoo!などの検索エンジンに料金を支払って、広告を掲載してもらいます。検索エンジンで検索した際に結果ページの最上部や最下部に「広告」と記載されているものが、これにあたります。ちなみに広告の表示される順位はキーワードの入札価格と広告の品質によって決定され、入札価格を吊り上げたとしても広告の品質が高くなければ上位には表示されません。

リスティング広告はキーワード単位の入札方式で競合が多い人気キーワードは単価が高くなりますが、誰も入札していないようなワードは低価格になります。また、成果や報酬によって課金されるシステムですので、手軽に始められます。2つ目はSEOです。SEOとはユーザーが検索エンジンでキーワードを打って検索した際に、自社のWEBサイトを検索結果ページの上位に表示されるようにすることをいいます。検索エンジンによる検索結果の表示順位は各検索エンジンのアルゴリズムによって決められ、その詳細は公表されていません。

しかし、SEOの基本はユーザーの検索意図を盛り込み信頼性の高いコンテンツにすることや、ユーザーが使いやすいコンテンツにすることなどです。具体的にはユーザーが求めている情報を適正な情報量で提供していることや、信憑性の高い情報ソースを引用していること。さらには、WEBサイトのURLを簡潔なものにしたり、リンク切れをなくしたりスマホ対応しているかなどがあげられます。

最後3つ目はWEBサイト内の広告枠に表示される動画や画像、テキストのみの広告であるディスプレイ広告です。これにはGoogleが提供するものとYahoo!が提供しているものがあり、広告を登録し課金することで、それぞれが提携しているサービスやサイトに自社の広告が表示されます。以上3つの種類を総じてSEMといいます。