カイゼンとグロース

わたしたち、ヘノブファクトリーはWEBサイトの「カイゼンとグロース」を生業にしているチームです。

2004年の創業から15年以上に渡り、数多くのWEBサイト制作・運営代行を行ってきました。たくさんのトライ&エラーを繰り返しながら、わたしたちがたどり着いたのは、お客様のビジネスをゴールに導く伴走型のWEBサイト運営支援サービス「カイゼンとグロース」です。

「WEBサイト制作」はゴールではなく、スタート

「新しいサービスを立ち上げたので、とりあえずいい感じのサイトを作りたいのですが…」というご相談や、「うちの商品をネットで売りたいので、ECサイトを作ってほしい」というご依頼をいただくことがありますが、わたしたちは二つ返事でお見積もりを作成することはありません。

本当にサイトが必要な状況なのか、出来上がったサイトはどのように運営するのか、サイトを作ることがビジネスの成果に繋がるのか、など徹底的にお客様の叶えたいゴールについてお伺いします。

WEBサイトを作れば、すぐにサービスの見込み客からの問い合わせや、売上が獲得できると思ったら大間違い。サイトの完成は「ゴールを目指すためのスタートラインに立った」にすぎない状況なのです。

そのリニューアル、ちょっと待った!

「すでに運営しているサイトをリニューアルしたい」というご相談も多くいただきます。リニューアルすることで、すべてが改善できると思ったら、これも大間違い!見た目が新しくなって、いい感じになった満足感で「改善できた気になってしまう」ケースは少なくありません。

既存サイトのアクセスデータは、資産です。一気にリニューアルして改善できる可能性に賭けるよりも、既存サイトのアクセス解析を行い、問題点をひとつずつ丁寧に改善することの方が、リスクが少ないと思いませんか?決して安くはないリニューアル制作費を無駄にしないために、わたしたちは既存サイトのカイゼンを強くおすすめしています。

売れないネットショップ、集客だけが問題ですか?

ネットショップ運営のご支援を行なっていると、広告費にはそれなりの予算を突っ込んでいるのに、制作費に関しては最小コストに抑えている店舗さまをよく見かけます。(みなさん、すでにお気づきだと思いますが)広告をかければ売れるという時代ではありません。むしろネット広告費は高騰の一途…費用対効果は年々悪化しているケースが大半です。集客の数に頼らず、お客様に確実に買っていただけるサイトにカイゼンすることの方が投資対効果は大きいはず。垂れ流し型の広告費の一部を、ストック型のコンテンツ貯金として、サイトのカイゼンに使うというのが最新の予算配分だとわたしたちは考えます。

WEB戦略立案からサイト制作、運営・改善までをトータルコーディネート

「カイゼンとグロース」によって、こんな結果が出ています!

1つでも多くのサイトを正しく運営させていただくために
私たちは、以下の5つをお客様に約束します。

ヘノブファクトリーのメンバー

以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります以下メンバープロフィールが入ります