インプレッション


インプレッション とは

Webマーケティングを進める上では、インプレッション数が高いことが重要な要素となります。ネット通販などで、自社の商材やサービスの販促を行う際には、多くのユーザーに魅力を伝えなくてはいけません。多くの企業では、商材の魅力をアピールする手段として、ネット広告などを使ったWebマーケティングを用いるものです。多くの費用をかけて配信するネット広告ですから、投じたコストに対する効果を計測する必要があります。インプレッション数は、自社が配信した広告に対する効果を、表示回数という形で調べる指標値なのです。

インプレッション数と混同されやすい指標値に、ページビューがあります。ページビューも、インプレッション数も、ユーザーがサイトへのアクセスを行った結果の値という意味では同じですが、広告を見せる意味では、ページビューよりも、インプレッション数を重視したほうが良いのです。人気のあるサイトであれば、日常的に多くのユーザーは訪ねてくるものです。サイトへ来訪するユーザー数が増えることにより、自然な形でページビューは高まっていきますが、成約に結びつくかの指標値は、インプレッション数の多さになるからです。

インプレッション数を高めるには?

ネット通販などを営む場合には、インプレッション数を高めることが、売上の増大に繋がるものです。メディアサイトによっては、1インプレッション単位に広告単価を設定しています。コスト的に余裕があり、資金を投じてインプレッション数の増加を行えるのであれば、いまよりも多くの広告費用を投じてみるのも良いでしょう。

費用をかけることなく、インプレッション数を高めていくのであれば、検索ワードの絞込みを検討してみるのも良いでしょう。過去の売上データから分析を行い、自社の商材が成約に結びつきやすいワードを絞込みできれば、検索キーワードの改善は可能です。

インプレッション数を高める手段には、SNSを活用したインフルエンサーマーケティングが注目されて来ています。サイトへの広告掲載よりもスピーディにSNSのフォロワーにリーチすることが可能だからです。自社の商材の購買層を抱えるインフルエンサーに広告配信を依頼することで、多くの成約を実現させることが容易になります。

コストをかけてインプレッション数を増加させたとしても、成約に至らなくては意味がありません。自社の商材に興味を持つユーザーがアクセスしてくる媒体であるかを見極め、広告の掲載を行うことが大切です。