CPA(Cost Per Acquisition)


CPA(Cost Per Acquisition)とは

CPA(Cost Per Acquisition)とは、1件の成果を得るためにかかる広告費用のことを示し、顧客獲得単価とも呼ばれています。成果はこの場合、購入や資料請求などです。Webで広告を出す時には、このCPAがもっとも重要な指標となり、CPAが低ければ低いほど、費用対効果が高いことになります。よくあるリスティング広告では、このCPAをしっかりと管理して予算の設定を行うことが可能です。広告費を適切かつ、有効に使うために検証ができる有効なツールなので、CPAについて詳しく知っておくメリットがあります。

CPAを出すための計算は、広告を出すためにかかった費用の総合計から成約した件数を割る方法で算出されるのです。例えば、広告費に13万円かけた時に10件の成果件数があったとすると、CPAは13,000円となります。CPAの値が適正かどうかを判断するには、販売しているサービスや商品の単価が算出された価格以上であることが望ましいです。もし、商品の価格が13,000円以下であった場合、広告費がかかりすぎていることがわかります。CPAが低ければ、安い広告で効率よく顧客獲得につながったと判断してよいでしょう。サイトへの誘導には、SEOだけでなく、SNSなどの複数の広告ツールを併せて使うのが一般的になっています。より効率的に広告できる方法のために、CPAをうまく活用してください。

1件の成果にいくらの広告費をかけるべきか、顧客獲得のための単価を知っておくと、適切な広告費に設定することができます。成果1件につき、1万円の売り上げがあったとします。その売り上げの中でかかってくる原価や人件費、利益を引くと、広告にかけられる費用が算出可能です。例えば、原価が2,000円、人件費が1,000円、利益が3,000円だとすると、4,000円が広告費にかけられるコストとなります。理論上は、4,000円まで広告の経費をかけてもマイナスにはなりません。しかし、広告費を有効なものだけに集中させ、より安く広告を抑えることができれば、高い利益率につながるのです。

実際に広告を出稿し、リスティング広告の場合にはキーワードにあわせてCPAをチェックすることができます。基準としたCPAを上回っているものや、成果につながっていない広告はできるだけ早い段階で広告を修正して行くことが重要です。Web解析ツールを使用すると、このCPAを計算しなくても自動的にキャンペーンや広告単位で知ることができます。成果を手っ取り早く知りたいという場合には、解析ツールを利用したWebマーケティングを行いましょう。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。