アクセス解析


ユーザーの行動を可視化することができる

ウェブマーケティングをするときに重要になるのがユーザーの行動履歴です。サイト内でどのような行動をしているのか把握する事ができれば、今後のサイト改善などをするときに便利です。そこでアクセス解析を利用してみましょう。アクセス解析はユーザー一人ひとりの行動を解析することができるものです。例えば現在見ているウェブページのページビュー数をチェックしたり離脱率などを確認できます。ウェブサイトを作るときにはターゲットを決める必要があります。誰に対して作っているサイトのかを決めておけばサイトも作りやすいです。ただターゲットを絞って作ったからといって、確実にPVを稼ぐことができるとはいえません。

ユーザーにとって有益な情報を発信しているサイトでないと離脱率も高くなってしまいます。ターゲットが想定通りの行動をしているのかを分析できるアクセス解析を利用すれば、問題点を掘り出すことが可能です。具体的にアクセス解析をするとどんな事がわかるのかというと、サイトを訪れるユーザーはどんな人が多いのかを確認できます。また広告や検索エンジンなど、ユーザーがどこからアクセスをしているのかも把握できるので便利です。例えば自社サイトにお小遣いサイトからアクセスをしている人が多いとわかったなら、お小遣いサイト中心で広告を出すと多くのユーザーを獲得できる可能性が高まります。

アクセス解析をするときに利用できるツール

アクセス解析を行うことができるツールにはグーグルアナリティクスというものがあります。大手のGoogleが提供しているツールで基本料金が無料です。日本でも多くの上場企業が導入しているもので無料ながら性能も優れています。Googleアナリティクスのメリットですが、データの種類や正確性など信頼性が高く初心者でも使いやすい部分です。また中級者や上級者の要求にも対応できる機能があります。Googleでは他にもいくつかのウェブマーケティングツールを用意しています。Googleアナリティクスは、複数の関連ウェブマーケティングツールと連動することができるのがメリットです。関連書籍やセミナーなども多いので、情報収集をしやすいのも強みでしょう。

アクセス解析をするときに重要な部分

アクセス解析をするのならボリュームゾーンを気にする必要があります。ボリュームゾーンサイトを利用する大半のユーザーが、どのような要素を持っているのかを指す言葉です。サイトを訪問するときに使っているデバイスはどのようなものが多いのか、どのサイトを経由して自社サイトに訪れているのかといった要素が分かればマーケティングも計画しやすいです。