コーポレートサイト制作の目的とは?ゴールを見据えて設計するための「サイト構成」の作り方


こんにちは!村瀬です。みなさんは会社のホームページ(コーポレートサイト)を作るとき、何を一番に考えますか?
「どんなデザインにしようか」とか、「どうやってサイトを訪問した人に自社のサービスを伝えるか」とか、色々考えますよね?

「戦略的な」コーポレートサイトの制作で、考えなければいけない重要なポイントは1つ。

「そのWEBサイトでどうやってビジネスの成功に貢献するか」です。

「収益につながる」というゴールの設定

WEBサイトの制作には、様々な目的があると思いますが、企業がサイトを運営する際には必ず「収益につながる」というゴールがなければなりません。そのゴールの為に、コンテンツや、デザインがあります。

 ただ、コーポレートサイトの場合、ECサイトと違って直接の収益にはつながりにくいこともあると思います。その場合は、「収益」をゴールに見据えたサイト内でのコンバージョンポイントを設定する必要があります。

例えば次のようなものです。

  • お問い合わせ
  • 見積もり依頼
  • 資料請求
  • 資料ダウンロード

これらをゴールとし、それを叶える為にサイトを作ります。

サイト制作の前には「サイト構成」を作りましょう

訪問者にゴールしてもらえればいい、といってもいきなりお問い合わせしようとはなりませんよね?サイトの訪問者に、お問い合わせをしてもらう為には会社やサービスのことを色々知ってもらう必要があります。その流れを整理するためにヘノブファクトリーでは、サイト制作の際には必ず「サイト構成」というものを作成します。

ヘノブファクトリーで提案している形は以下のようなものです。

「サイトマップ」と似ている、と思われるかもしれませんが、作る目的が違います。

  • サイトマップ・・・ページのつながりやサイト全体の階層を整理する。
  • サイト構成・・・サイトのゴールを決め、そこへの流れを作る構造を整理する

入り口を一番上に配置し、「お問い合わせ」などのコンバージョンポイントを一番下に配置します。その間にどんな情報があればお問い合わせしたくなるか、を洗い出し、入り口とゴールをつないでいきます。

サイト構成を作ることは、制作が必要な「ページ」を全て洗い出す作業ではありません。ゴールまでに必要な「情報」を洗い出す作業と考えましょう。とてもシンプルなものですが、これを書き出してみると、実際に制作するにあたり必要ないページ・足りていないページが明確になってきます。

現在のサイトをリニューアルしようとする場合にも使えるやり方ですので、コーポレートサイトの制作を考えている方は参考にしてみてくださいね。